読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

neta-labo

日々溢れるニュースなどから何かに役立つアイディアを見つけていきます

マリオランを体験した感想を述べてみましたー

ゲーム 体験

最近流行りの「スーパーマリオラン」。発売開始で4,000万ダウンロードを達成し売り上げは上々。もちろん僕もプレイしてまして結構コンプリートの道も見えてきたので、感想を述べてみたいと思います。

supermariorun.com

 

さすが任天堂!と思う点:ユーザビリティ

ファミコン世代の僕としてはマリオですごい点はユーザービリティが一番に上がります。ファミコン時代は操作性が酷い、またいわゆる「ハマって」しまいクリア不可能になるケースがある、バグが存在するゲームなど多々あったように思います。

その点を踏まえてスーパーマリオブラザーズを見ると操作の直観性、レスポンス、ゲームに慣れながら進める面の構成に加え、BダッシュBダッシュジャンプの爽快感など他のゲームと比べてもケタちがいのクオリティかと思います。現在のパズドラ、モンストなどは初めにチュートリアル形式でゲーム内容を体験しますが、チュートリアルなしで操作方法を覚えられるスーパーマリオブラザーズは圧巻です。詳しくは下記サイトに記載されていましたのでご参考。

スーパーマリオのステージ1-1から学べるUX | UX MILK

 

 

 

と、前置きが長くなりましたが、今回のスーパーマリオランもスマホでのユーザビリティは非常に高いものと思います。「タッチするだけ」でマリオが派手なアクションをするのは非常に爽快です。キノピオなどが等距離で向かってくるところをリズムよく踏んでいくアクションなどは気持ちいいアクションの一つですね。

また、表現としてさりげなく画面下部を草や雲だけのスペースにしてそこをタップするような設計はゲームへの没入感を損なわず、ゲームに集中できます。

以上に行ったようなユーザビリティスマホ初ゲームの中で実現しているのは素晴らしいと思います。

 

惜しい!と思う点:スマホを上手く活かしていない

惜しいと思う点としては昨年リリースしているポケモンGOと比べるとどうしてもスマホを上手く活かし切れていないことです。(ポケモンGOと比較するのは酷かもしれませんが)

ポケモンに関しては「現実世界でポケモンを捕まえる」というコンセプトでその現実とポケモンの世界のハブとしてスマホがあるという位置づけです。そのため、スマホは必須ですし、また現実世界に現れたポケモンを写真に撮ることもできるため、拡散の仕組みにもなっています。

一方、マリオランに関しての印象は「今までのマリオをスマホで遊びやすくした」という点に留まります。もちろん友達と競う、キノピオラリーで他の人と戦うという点はありますが、それは従来のスマホゲームの範疇に留まります。

よってポケモンを現実世界に解き放たったポケモンGOと比較するとマリオランはマリオをスマホの中に閉じ込めてしまった印象になります。

 

とはいえ前述したようなスマホで十分楽しいマリオを提供しているのは間違いない事実!これから先もスマホゲームを提供するでしょうし、これからの任天堂スマホゲームには注目ですね。

 

 

 

 

 

新しい無料提供の形 週刊Dモーニング鉄仮面版

LINEマンガ、マンガワンなどいろいろな企業が実施しているWeb漫画。

どのマンガも一定ページや一定時間は無料で読めるなどの設計になっていますが、今回は無料提供分を面白い形で提供している施策があったのでご紹介。

ネタ:鉄仮面版 Dモーニング

d.morningmanga.jp

こちら、島耕作クッキングパパが無料で公開されているのですが、どのマンガの登場人物にも鉄仮面がかぶせられています。

そのため、マンガの登場人物は普通に会話や行動をしているのですがその登場人物が鉄仮面をかぶっており、なにやらシュールな様相を醸し出しています。小さく描かれている登場人物もしっかり鉄仮面をかぶせており、徹底して作り込んでいます。結構大変なんじゃないかなー、これ。

 

イデア:作画に限定を与える。

こちら鉄仮面をかぶっているだけで面白いのですが、アイデアとしてはマンガのページ数等でなく作画自体に制限を与えていること。おそらく企画としては下記の通りかと。

 ・無料公開分は制限を与えよう

 ・ページ等を制限でなく、顔を見えなくするのはどうか

 ・せっかく見せなくするなら鉄仮面をかぶせたら面白いのでは?

ということかと想像します。

これ、僕の中では持てなかった発想で目からウロコが落ちました。

作画自体に手を加えて無料版にするということでしたら、たとえば絵に手を加えるのでなく、セリフをズーズー弁にして無料公開など様々な転用ができそうです。

何か限定にして無料提供をするのも、何を限定にするかでPRになりそうですね。

 

えちりん

 

連呼とリズムで頭に刻むビート

はい!というわけで今回は連呼や面白いリズムで頭から離れないプロモーションを紹介していきます。

さっそく、1つ目、、、


ご存知の方も多いのではないのでしょうか??

湖池屋のスコーンCM。リズミカルな音楽と商品名連呼で頭に残る作品です。

 

続いて、、、

こちらは、サントリーアミノ式のCM。

これは学校などでもかなり流行りました。

 

どんどんいきます。

これは、ひねりのある作品です。

言葉遊びにユーモアのある作品です。

 

今まで見て来た通り、連呼とリズムを組み合わせた作品はもれなくうけていることがわかります。

このアイデアはどこかで必ず活かせると思いますので皆さんも参考にして見てください。

 

「ガリガリ君」値上げCMで感動した

CM PR アイディア 赤城乳業

 

国民的アイス「ガリガリ君」の値上げに伴うCMです。

確かに”値上げ”という事実はどんな商品であっても嬉しくはないですよね。ですが、赤城乳業の真摯に謝ろうという姿に心打たれた方も多いのではないでしょうか。では、どうして値上げというネガティブ要素を人々に感動を与えるポジティブ要素に変換できたのか見ていきます。

 

《そもそも25年値上げをせずに頑張ってきた》

CM中にも出てきていますがそこには、そもそも25年値上げをせずに頑張ってきたという事実があります。25年ってかなり長いですよね。このことで赤城がこれまで”頑張ってきたんだなあ”と納得できると思います。頑張っている人にもっと頑張れよ!とは言えませんよね?

 

《社員がCMに出演》

社員がCMに出演していることも感動に大きく影響しているのではないかと感じています。社員一同で最後に頭を下げられると、なんだかこちらの方が申し訳ない気持ちになりますよね。

 

《曲のチョイス》

最後にBGMのチョイスが最高な点です。昭和の名曲ですが、この時のために作ったのかと聴きたくなります(笑)

 

ということで今回は赤城乳業の感動CMを記事にして見ました。ご意見等ありましたら是非コメント欄にお願いします。

 

クーポンを巨大化して広告に!ハンバーガーチェーンの取り組み

PR アイディア

来店促進のためにクーポンを配布することはよくありますが、なかなか値引き合戦になってしまうのが悩みどころ。今回はクーポンを広告化してしまう面白い例があったのでご紹介します。

adgang.jp

ネタ:ハンバーガーチェーン・Quickの超特大クーポン

こちらバス停に大きな張り紙があるのですが、それがハンバーガーチェーン・Quickが、特大サイズのハンバーガー「Mega Giant」のクーポンとなっているというものです。http://adgang.jp/wp-content/uploads/2016/11/28.png

何がユニークかというと特大サイズのハンバーガーと特大サイズのクーポンをかけているのはありますが、このクーポンを持って行く時にそれがそのまま広告になるという点。

とっても周囲の目を引きますよね。

 

アイディア: クーポンを広告化

 クーポンを広告に帰るす方としてはWebプロモーションでシェアをしたらクーポンなどの仕組みがありますが、こちらはリアルでやってしまうのが面白いですね。

このクーポンを巨大にするというのはそのまま別の企業が転用することが可能でしょう。またその会社のエコバッグなどを持ってくると割引なども効果的だと思います。また、浴衣を着てきたら割引というような仕掛けもありますが、これらも他の人に見てもらうことを意識した施策にするともっと注目されるように思います。

やはり基本中の基本ですが「大きくする」というのはそれだけでインパクトあるから目を引きますね。

 

えちりん

Google翻訳が凄すぎるので、野々村議員の会見を翻訳してもらいました

おもしろ ニュース

Google翻訳ニューラルネットワーク導入により翻訳のレベルが格段に上がったそうです!

www.yukisako.xyz

記事によるとかなり専門的なプログラミング言語においても自然な翻訳に変わっているそうです。これで英語が苦手な僕にも光明が見えてきました。

というわけで、Google翻訳さんに幾つか翻訳してもらいたいと思います。

 

ドナルド新大統領の勝利演説

◆文はこちらを参考に◆ameblo.jp

 

◆訳してもらいました◆

f:id:netamemo:20161112164517p:plain

 

一部文章が通っていないところもありますが、意味は伝わります。

「Thank you. Thank you very much, everyone. Sorry to keep you waiting. Complicated business, complicated. Thank you very much.」

→「ありがとうございました。みんなありがとうございました。待っていただきありがとうございます。複雑なビジネス、複雑。どうもありがとうございました。」

 

なんだか文字にしてみるとトランプさんがめっちゃ低姿勢な感じ、たどたどしい感じがして愛着が持てます。

 

映画の名言を翻訳してもらいました

燃えよドラゴンより「考えるな!感じろ!」

www.youtube.com

 

◆訳してもらいました◆f:id:netamemo:20161112164929p:plain

「Don't think! feel!」

→「思ってはいけない!感じる!」

 

なんだかブルース・リーが伝えるのが下手で無茶言っている感が強いですが、伝わりますね。

 

カサブランカより「君の瞳に乾杯」

http://analogshinn.up.n.seesaa.net/analogshinn/image/19.jpg?d=a90456923

 

◆訳してもらいました◆f:id:netamemo:20161112164819p:plain

「Here's looking at you, kid.」

 

まあ、さすがに原文を「君の瞳に乾杯」に訳すのは無理がありますが、ここは訳者の高瀬さんの凄さを感じるべきですね。

 

野々村議員のお話を訳してもらいました

◆こちらを参考に◆
logmi.jp

 

◆訳してもらいました◆f:id:netamemo:20161112165806p:plain

さすがにGoogle翻訳の力を持ってしても難しそうですね。っていうか日本語でも分からないですしね。

「そういう問題ッヒョオッホーーー!! 解決ジダイガダメニ! 俺ハネェ! ブフッフンハアァア!! 誰がね゛え! 誰が誰に投票ジデモ゛オンナジヤ、オンナジヤ思っでえ!」

→「Such problems ___ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ It is! Solutions JIDA GADAMENI! I Hanee! Buchuchun ha aa! It is! Who knows! Who wants to vote for Jidemo onnajia, onnagia!」

「ヒョオッホーーー!!」は解読不可みたいですね。ただ、「ブフッフンハアァア!!」は「Buchuchun ha aa!」になるようです。

 

「アハハーンッ! 命がけでイェーヒッフア゛ーー!!!」

→「Ahahan! Yeah fuffy with a life! It is! It is!」

なんだか盛り上がって楽しそうに見えます。

 

結論

Google翻訳はドナルドさんの演説も意味は分かるくらい凄いです。またトランプさんが柔らかい口調になった気もします。映画の名言のような抽象的な言葉はさすがに訳者に一歩譲りますが、もちろん意味は通ります。

ただし、日本人が何言っているか分からないような内容はGoogle翻訳も分かりません。

 

 

結局トランプが購入?Centuryがホワイトハウス売り出し

PR アイディア

もう終わりましたが、アメリカの大統領選中に選挙に便乗して様々な取り組みがされていました。そんな中面白いものがあったのでご紹介。

 

http://www.century1600.com/images/whitehouse/1024x768_13.jpg

1600 Pennsylvania Avenue, Washington, DC 20500 | CENTURY 21

Century21がなんとホワイトハウスを売り出しています。

ページをみるとその金額約4億ドル。約5万平米もの敷地に、16部屋の寝室、そして35個のバスルームがあり、とっても住み心地が良さそうです。

http://www.century1600.com/images/whitehouse/1024x768_03.jpg

 

こんな風に中の写真もいくつか上げられています。

でそのサイトの中には「Help Find the Next Tenant」というボタンがあり、それを押すと政府の選挙のページに遷移するという仕掛けになっています。

 

アイディア:大統領選の別解釈

今回注目されるのは「誰が大統領になるのか」ということですよね。これを「誰がホワイトハウスに住むのか」に置き換えたことがアイディアの源かと思います。他にもやり方としては大統領の選任業務に置き換えるなど様々な観点から見ることができると思います。

と、いうアイディアの面白さも勉強になるのですが、このキャンペーンにOKを出すアメリカの政府って本当懐が広いですよね。

 

えちりん